個性的な前線

気象予報士試験合格を目指して、いざ自分で天気図を描くとなると、最も不安になる要素が前線です。高気圧や低気圧は等圧線によって大まかな位置が示されていますが、等温線や等相当温位線の集中帯、降水域などをもとに前線をどこにどう描くかは、ずいぶん感覚的なことに思われます。

これは天気の仕事をしているときも同様で、前線がどのようにひかれているかは、ついしげしげと眺めてしまいます。すると、前線は画一的ではなく、個性豊かで、一瞬面食らうような描かれ方をしているときもあることに気が付きます。

下の天気図では、日本海にある低気圧から延びる前線が非常に短く描かれています。とくに温暖前線は200kmくらいしかなく、かまぼこ型の温暖前線マークがひとつかけるかどうかという短さです。

こんなに短い前線が描かれるのは非常に珍しいことだと思います。前線はあまりに短い時には解析しない場合が多いので、前線として解析できる下限なのではないでしょうか。

さらに次の天気図では、それぞれの前線はきちんと描かれているのに、なんだか変に見えてしまう部分があります。日本のはるか東にある低気圧から延びる寒冷前線と、東経149度の低気圧から延びる温暖前線、つながりが悪いと思いませんか。

寒冷前線は緩やかなカーブが続いているのに、温暖前線のほうは直線的につながっています。個人的には温暖前線を少し反らせて、屈曲点を滑らかにつなぎたい思いに駆られますが、もしかしたら付近の船舶からそうはさせない情報が送られているのかもしれません。

ここまでは前線の描き方の例ですが、おそらく前線を作画するためのシステムが思わぬ味わいを加える例があります。例えば次のような停滞前線は、梅雨時のように連日前線が登場する期間にときどきみかけます。

違和感の「もと」がわかりますか?停滞前線のマークが通常より細かく描かれ、個数もかなり増えています。詳しい仕組みはわかりませんが、出力するときにうっかり縮尺をいじってしまったのでしょうか。

最後は、ともすれば不体裁なのではないかという天気図。下の天気図では、日本海にある低気圧から前線が延びています。ところが一体どうしたのでしょうか。寒冷前線のマークの間隔から推察すると、佐渡島の北あたりにあるはずの寒冷前線マークがひとつかけてしまっているように見えます。

さすがにこのような抜けがある天気図は珍しいだけに、見つけたときには「あっ」と声が出ました。

すっかり減った900hPa未満の台風

まずは下の天気図を見てください。フィリピン近海にある台風2号の中心気圧は895hPaと猛烈に発達していることがわかります。

この令和3年台風2号(台風202102号)は4月生まれの台風として観測史上初めて900hPaを下回りました。年間を通してみても900hPa未満の中心気圧に達する台風が珍しい中、まさか4月にこんなに低い気圧を見るとは思いませんでした。台風2号は南西諸島に高波の影響を与えたほかは日本列島に近づくことはありませんでしたが、盛んに動向が報じられていたことを覚えています。

近年、900hPaを下回る台風はすっかり減ってしまいました。1951年以降の台風データベースがまとまっているデジタル台風で調べてみると、最盛期の中心気圧が900hPa未満を記録した台風は、1950年代は6個、1960年~1979年は15個、1980年~1999年は12個なのに対し、2000年以降は今日までに4個しかありません。2000年以降の4つのうちの一つがさきほどの令和3年台風2号です。海面水温は上昇しているので、一般的な感覚からするとむしろ増えていても不思議ではないと思うのですが、この極端な減りようはいったいどうしてなのでしょうか。

理由のひとつと考えられているのが、中心気圧の測り方の変化です。かつての有名な台風、たとえば1959年伊勢湾台風(最盛期895hPa)や1961年第二室戸台風(最盛期890hPa)などの台風は、在日米軍が飛行機観測を行っていました。当時は富士山レーダーも気象衛星もない時代。飛行機による直接観測が命綱でした。

一方、現在は衛星がとらえた台風の雲の様子から勢力を推定する「ドボラック法」が用いられています。現行の台風情報には必ず(推定)と付け加えられているのはそのためです。ドボラック法は統計を用いた処理ですから、900hPaを下回るような極端な値は出にくいというわけです。なお、台風の中心気圧が5hPa刻みになっているのはドボラック法の精度上の制約によるものです。

最近は再び台風の中心部を直接観測しようとする研究が活発になってきています。将来的に無人機(ドローン)が活躍するようになれば、台風の常識が大きく変わってしまうのかもしれません。

富士山の農鳥は農牛だった?

雪解けの時期、山に残った雪の形をいろいろなものに見立てることを雪形といいますが、富士山にも山梨を代表するような雪形があります。富士吉田側の斜面に現れる農鳥です。例年だと4月下旬から5月中旬という行楽にちょうどいい季節に現れるものですから、山梨のニュースでは初夏の風物詩として結構熱心に報道していますよ。山梨同様、富士山の領有権を主張している静岡では報じられているんでしょうか?

さて、2022年の富士山は冬の間の積雪が多かったものの、4月に入ってからの雪解けが非常に早く、1週間ほどの間にみるみる農鳥が浮かび上がる様子が観察できました。下の写真を見てみると、4月22日には農鳥にあたる部分がまだ周囲の雪とつながっていますが、25日には下半分が浮かび上がり、27日になると上半分も周囲と切り離されて鳥の形に近づいていることがわかります。

農鳥はもともと、出現したら種もみを苗間に下ろすなど、伝統的に農作業が本格化する目安となってきました。今では機械化が進んだこともあって農作業と農鳥のリンクはすっかり絶たれてしまいましたが、よっぽど目立つ存在なので、富士吉田市の富士山課が「出現宣言」を発表しています。富士山課は「初雪化粧宣言」も担っているので、富士山に関する山梨のニュースを裏で牛耳っているといっても過言ではないかもしれません。少なくとも気象キャスターはかなりお世話になっています。

ところで、農鳥は初夏の風物詩と紹介しましたが、過去の出現日を調べてみると、2001年には1月19日、2003年には1月7日という異常に早い記録もあります。2021年は1月4日ごろから農鳥がうっすら見えるようになり話題になりましたが、富士山課は「早すぎる」として出現の発表を見送りました。農鳥が真冬に出現するのは、かなり極端に雪の少ない年と決まっています。言い伝えによると、真冬に現れる農鳥はその年の凶作を予言しているそうですが、エルニーニョ現象が発生している状況では日本は暖冬、冷夏になる傾向があり、このことと関連がありそうです。

このように富士山の農鳥として定着している雪形ですが、ひょっとすると農牛として広まっていた可能性があるようです。江戸時代後期の『隔掻録』には以下のような一文があります。

四五月ノ山上ノ雪消ル時 遠望スレバ 牛ノ形二消ノコリ或ハ鳥ノ形二残ル 是ヲ農牛、農鳥ト云

遠望して雪が牛の形に消え残っていれば農牛、鳥の形に消え残っていれば農鳥という、との記述。これではまるで農鳥よりも農牛が優先されているようです。農牛とはいったい?

インターネットで富士山の農牛を調べると、どうも農鳥と同じ場所にある雪形がもう少し解け残っている状態を指すようです。2022年の写真を見比べてみても、農鳥の部分が牛などの4本足の動物に見えるタイミングはなさそうですが…。もしかしたら、農鳥の羽の部分が足で、天を見上げる牛というように見るのでしょうか。他に資料は見つからず、農牛の存在はすっかり忘れ去られてしまっています。

年によって雪の融け方は異なるので、もう少し牛に見える場合があるのかもしれません。そういえば、2020年は背びれのような残雪が数本くっついて、ちょうどこの年はやった妖怪『アマビエ』に似ていることが話題になりました。何に見えるかは時代に合わせて変化していきそうです。

極限まで圧縮された春

気象庁が定めた区分に従えば3月から5月までが『春』ということになっています。ところが、3月はまだ空気が冷たく『晩冬』の雰囲気が強いですし、5月にもなればすでに汗ばむような暑さで『初夏』といったほうがしっくりきます。春を楽しめる期間は非常に短いようです。

春のはかなさは天気図にも。天気図にはここまでが春でここからは夏といったような季節を直接書き込むことはしませんが、太平洋高気圧が暑い夏を代表し、シベリア高気圧が寒い冬を代表しているように、気団によって間接的に季節を色分けしているとみることができます。異なる気団が隣接するような場所には前線がひかれ、前線は文字通り季節の分かれ目となっているのです。

2022年4月14日は本州の南岸に前線が停滞していました。北日本を通過中の高気圧は冷たい空気の塊を蓄えていて、高圧部が楔状に張り出している関東は冷たい雨。東京の正午の気温は11.2℃(前日の正午は25.3℃)しかありませんでした。札幌も10℃そこそこしかなく、前線の北側にある春先の空気の中に、高気圧が持つ晩冬の空気が一部貫入しているといえそうです。

一方、前線の南側は暖かい空気が充満しています。停滞前線はおおむね850hPaの12℃線に対応して描かれていますが、850hPaが12℃以上の空気に覆われれば、晴天時の最高気温が25℃を十分超えて夏日となるような暖気です。前線の南側は初夏。しかもさらに南方には台風1号が950hPaの勢力で北上しています。台風1号周辺は、850hPaで18℃という真夏並みの熱い空気で満たされています。

さて、このまま台風1号が北上を続けるとどうなってしまうでしょうか。南から真夏の空気が流れ込んでくる一方で、北側はまだ冬を感じる空気が陣取っています。春の空気は圧迫されて、非常に狭い範囲に押し込められてしまうのです。下の天気図は3日後の4月17日。台風1号温帯低気圧化していますが、温暖前線の南側はいまだ850hPaで9℃という比較的暖かい空気をかなり高緯度まで持ちこんでいます。温帯低気圧の北にある停滞前線は850hPa0℃の境界で、春と冬の境目。春は、元台風1号温帯低気圧と、北側の停滞前線の間にある細長いエリアに圧縮されています。

圧縮されたエリアは春の空気といえど、穏やかな天気のイメージからはかけ離れています。東京~仙台ほどの距離に、-6℃から9℃までの7本の等温線が押し込められ、ものすごい温度傾度です。おそらく雲が急激に発達し、大しけの状態でしょう。

周辺のベーリング海は低気圧の墓場と呼ばれています。南北の擾乱に挟まれて、圧縮され、連れてこられた春もここで消滅する運命です。次の時刻の天気図では前線が一本に統合されて、ついに春のエリアがなくなってしまいました。

富士山頂に現れる幻の滝

富士山に登る理由は様々ですが、中にはアイスクライミングのためという場合があります。いったい何を登るのか?凍った滝=氷瀑です。筆者のように夏の間しか富士山に登ったことがない人は本当にそんな滝があるのか想像もつきませんが、心配ご無用。冬富士に登頂した人の写真をみると、火口に落ち込む氷瀑が映っています。実は4月から6月の間だけ、山頂火口に落ちる日本最高所の氷瀑「サミットフォール」が出現することが知られていて、アイスクライマーたちはこれを目指して登るというわけです。

日本各地には雪解けの時期だけ現れる幻の滝がありますから、春季限定の滝があってもおかしな話ではありませんが、富士山の場合、山頂に水が流れる滝が出現するわけではありません。サミットフォールは周囲の雪が昼間に融けて、夜間に凍り付くということを繰り返した結果生まれたもので、正確には巨大な氷柱というべきものです。ただし、この氷柱、なんと落差100mもの規模にまで成長するということで、結構登りがいがありそうです。

サミットフォールを目指して富士山頂に立ったクライマーを出迎えるのは、3メートルを超える積雪です。富士山頂の雪は、1月2月の厳冬期よりも4月の方が多く、統計が残る最深積雪の記録をみると、トップ10のうち5つまでが4月。観測史上1位の338センチは1989年4月27日となっています。2004年まで山頂にあった測候所で観測された積雪深の平年値を見てみると、3月下旬に積雪が急増し、グラフが最大になるのは4月の下旬です。

f:id:mt_weather:20220406175245j:plain

 

一般的な感覚だと、厳冬期より春先の雪が多いのはやや不思議な気がします。じつは、冬型の気圧配置では太平洋側はかえって空気が乾燥してしまうので、冬の間、積雪はあまり増えません。むしろ、乾雪が強い風で飛ばされ、積雪の深さが目減りしてしまうことがあるほどです。富士山で大雪となるのは南岸低気圧が通過するような状況で、このときは降水量が多いので湿った雪が一気に増えます。

1989年はとくに4月の雪が多い年だったようで、山梨日日新聞の記事によると、この年の4月だけで3度積雪記録を更新しています。4月11日に320センチ、翌12日に334センチ、27日に338センチ。最後の338センチが積雪記録として今も残っています。山頂測候所にいた気象庁職員はよほど苦労したものだと思われますが、このとき新聞に載った職員のコメントが「死活問題の水の苦労はなくなったが、食料や機材の上げ下ろしが不便でしようがない」というもの。普段から壮絶な生活をしているので、たくましささえ感じるコメントです。当然、山頂には水道がないので雪をとかした水が生活用水でした。富士山にドカ雪が降るときは、地上の気温によっては市街地でも4月の積雪を見ることがあるので、地上にいる気象関係者もなかなか気が抜けません。

f:id:mt_weather:20220405140247j:plain
f:id:mt_weather:20220405140232j:plain

1年に2度発表された富士山の初冠雪

山梨の誇りといえば、日本一の富士山です。いやいや、富士山は静岡県との共有財産だろう、もっといえば山頂を牛耳っている浅間大社は静岡側の持分だという反論が予想されますが、山梨の人は全く譲る気がありません。強気の理由の一つが、富士山の初冠雪を観測しているのが甲府の気象台と富士吉田市の富士山課だけで、いずれも山梨側だからではないかと思っています。昔は三島や御殿場の測候所でも初冠雪の観測が行われていましたが、21世紀になってから甲府に集約されました。毎年ニュースになる富士山の初冠雪は、山梨から発信されるのです。

富士山の初冠雪の最も早い記録は2008年8月9日、まだお盆も迎えていないころですから、ずいぶん早いですね。例年だとだいたい9月、遅くても10月前半には初冠雪を観測して、冬の山へと変わっていきます。

さて、2021年はまだ夏山シーズン中の9月6日早朝に初雪となり、偶然山頂に居合わせた登山者がSNSにアップしたことですぐに世間に知れ渡りました。その日の夕方には御殿場上空のヘリ空撮の模様がネットニュースになっていたことを筆者は覚えています。ただ、気象庁による初冠雪観測は甲府地方気象台からの目視のみというのがミソで、6日は公式の発表なし。翌7日の夕方になって、ようやく初冠雪が認められ、山梨ではここで初めてニュースになりました。

f:id:mt_weather:20220403074327p:plain

7日NNS気象情報室のツイートに残る冠雪の様子。

本文中に初冠雪はお預けとあるが、夕方にしっかり発表があった。

ところが、その後の事態は誰もが想像していなかった方向に展開します。およそ2週間後、なんとこの初冠雪の記録が取り消されてしまったのです。下は甲府地方気象台HPをスクショした「季節現象の観測の記録」ですが、「富士山の初冠雪」2021年9月7日が横線で打ち消されています。気象台の職員に聞いても、わかる範囲で聞いたことがない前代未聞のできごとだということです。

f:id:mt_weather:20220403081739p:plain

いったいどうしてこんなことに?その理由は「季節現象の観測の記録」の下段に細かく書いてあります。つまり、今年は9月20日が最も暑い日になってしまったので、先日の初冠雪はいったん忘れて、20日以降で取り直すことにしますということです。なんとも壮大なお手付きですね。

富士山では7月でも8月でもしょっちゅう雪が降るものですから、夏が終わった後の初冠雪をいつにするかは議論があります。日付で区切るか、なにかほかの指標で区切る必要があるのですが、気象庁はその年の最高気温が出た日を区切りにすることを選択し、その翌日以降の雪を初雪・初冠雪と決めています。例年だったら富士山でも最高気温はお盆のころまでに観測されますし、気象庁でも重々検討しているので、8月後半以降の初冠雪が取り消されるなんてことはありません。ただ、2021年は台風が暖気を運んできたなどの影響もあって、一度雪が積もった後に最高気温が更新される事態に陥ってしまったのです。なお、富士山の初冠雪については富士吉田市も「初雪化粧宣言」を行っていますが、富士吉田市は7日の宣言を見直すことはしませんでした。

 

さて、その後の富士山の初冠雪はどうなったかというと、見直しからわずか6日で「初冠雪しなおし」ました。2021年2度目の初冠雪です。

f:id:mt_weather:20220403081708p:plain

将来、富士山の初冠雪が1年に2度発表されるようなことが再びあるのでしょうか。気象庁も初冠雪の発表に慎重にならざるを得ないと思うので、ちょっと仕組みを変えてくるのではないかと思っています。例えば、梅雨入り・梅雨明けは、速報値として発表した後、9月に確定値を見直します。2022年以降は、初冠雪(速報値)となるかもしれませんよ。

気象台の植物は開花が遅い?

全国の気象台には梅や桜、アジサイなど多種多様な植物が植えられています。これは別に園芸が趣味の職員がいるというわけではなく、植物の開花・紅葉といった状態変化を通して季節の移り変わりを推し量る『生物・季節観測』という業務を行うためです。気象台が発表した開花情報はメディアの注目を集め、その季節恒例のニュースとして取り扱われます。

f:id:mt_weather:20220321154252p:plain

ただ、どうも甲府地方気象台の梅と桜は周囲の木よりも花が開くのが遅く、一般的な感覚と合っていないと感じる関係者が多いようです。気象台の梅は、同じ甲府市内の梅の名所「不老園」が5分咲きを迎えてから開花します。気象台の梅が遅い理由を尋ねられた気象キャスターは答えに窮してしまうわけです。いったいなぜ。

毎日新聞(3月6日付)は、観測指針では梅はハクバイと決められているものの、ハクバイには300以上の品種があり、甲府地方気象台のハクバイは開花時期が比較的遅い「白加賀」だと指摘しています。ハクバイでも品種によって2か月近く時期の差があるようなので、気象台の梅が遅いのは単純な地域差というわけではなさそうです。

一方、桜の指定品種の「ソメイヨシノ」は同じ原木から広められた、いわばクローンの木ですから、「ハクバイ」のような細かい品種ごとのばらつきはないはずです。それなのに、気象台のソメイヨシノは、甲府市内の武田通り舞鶴城公園のものよりもやはり遅い印象です。実は、気象台の構内でも、標本木の桜はとくに開花が遅く、飯田通りに面した桜がいち早く花を開きます。標本木の日当たりが悪いわけでもなさそうですが……。

f:id:mt_weather:20220321160808j:plain

(開花した桜の花の数を数える職員と取材クルー)

飯田通り沿いの桜が一足早く咲き始めるのは、交通量の多い幹線道路に面しているからだとにらんでいます。大きな道路に面した場所は平均的に気温が高い可能性があり、アメダスの設置場所の議論になることもあるほど影響があります。ただ、そのことを除いても、標本木の桜は筋金入りの寝坊助です。標本木は気象台の駐車場に植えられていますが、同じ駐車場内の桜が咲き始めても、肝心の標本木だけはなかなか花が開ききらず関係者をやきもきさせます。一説には、標本木の足元にある自転車用のカーポートが影響を与えていると噂されていますが、本当の原因はよくわかっていません。いずれにしても、同じ木の開花や満開を長年追いかけることが重要なので、木の個性を無視して他地域と比較してあれこれ論じるとおかしなことになると思います。

 

※モモの開花予想は県果樹試験場が行っていますが、比較的標高の高いフルーツ公園にある桃の木を標本木にしているため、モモの開花についても一般的な感覚よりやや遅いようです。梅・桜・桃と、ことごとく遅いのは清々しささえ感じます。